マウスピース

歯の矯正を希望する人が多くなりました

札幌市内でも歯の矯正を希望する人が多くなりましたが、矯正することで口元がスッキリしたり顔立ちが良くなると言ったことが理由となっています。また矯正が終わることで、咀嚼と言う機能が高まり健康な体作りにもなる上、言葉を話すと言ったことにも苦痛を感じなく済むことがあります。最近では矯正方法にも種類が多くなり患者さんの選択幅も広がり、大人になってからも矯正する人が増えて来ています。特に接客をする女性の矯正希望が増えたことで、インビザラインと言ったマウスピース型矯正に取り組むことが多くなりました。

歯並びが綺麗になる嬉しさ

札幌の矯正歯科で歯並びを矯正すると言うことは基本的に歯並びを前後、上下、左右と言った方向へ移動させることで歯並びを一致させることになります。歯並びが不整合と言う状態にあるのは、アゴ位置と歯の大きさのバランスが取れていないことから起きやすくなっています。このアンバランスな状態をインビザラインのような矯正装置を用いることで、歯の位置を移動させて歯並びを綺麗にすることになります。例えば出っ歯と言われる人ならば、上の歯が突出したことになり上顎前突と言われる症状を示し、物を噛むとか発音に悪い影響が出て来ることになります。この上顎突出状態を普通の歯並びに変えることになるのが矯正です。

矯正方法が増えている

札幌で行う歯の矯正治療にはいくつかの方法があります。一番基本的となっているのが、歯の前側にブラケットと言われる金属を付けワイヤーで引っ張りながら歯を移動させる方法です。多くの人が利用しており、口を開けると装置が見えることから矯正していることが、すぐに判ります。この目立つ矯正方法がイヤと言う人が行う矯正方法に、人気が出て来ました。それが歯の裏側だけにブラケットを装着する裏側矯正です。ですがこの方法では、口の中で違和感を持つことが多く違う矯正が望まれました。それがマウスピース型矯正のインビザラインです。

マウスピースを咥える治療方法

札幌で行うインビザライン治療は、厚さが0.5mmほどのマウスピースを咥えるだけの矯正方法です。このマウスピースを1週間から10日間程度で交換する方法で、他の矯正方法より痛みが少ないことが特徴です。マウスピースは取り外しが可能となっていることで清潔さを保つことが出来ますし、歯磨きも綺麗にすることも可能ですし、万が一の虫歯にも治療が可能と言う便利さも持っています。取り外しが可能ですが一日に20時間ほどの装着が必要で、長時間の不装着があった時には矯正も旨く行かないことがありますので注意が必要になります。ブラケットやワイヤーのない便利さは、一度味わうとその快適さがよくわかることになると言われます。また通院に関してもその回数は少なく済むようになっていて、2ヵ月に一度とか3ヵ月に一度と言う割合で済むことになり仕事が忙しく歯科医へ通う時間のない人には最適な治療と言えるはずです。